Audacity

2.4.2

Audacityは完全に無料であることに加えて、サウンドとオーディオファイルを操作するための最良の機能を提供する代替手段です

マルチトラックサウンドレコーダーとエディター内には、ポジティブな驚きをもたらす可能性のある代替品があります。私たちはAudacityについて話しています。これは完全に無料であることに加えて、サウンドとオーディオファイルを操作するための最良の機能を提供する代替手段の1つです。

オーディオを操作したい人のためのスイスアーミーナイフ

このプログラムは、基本的なウェーブ編集楽器から、高度なサウンドレコーディング、フォーマット変換、またはエフェクトによるオーディオ処理までを提供します。これは、サウンドファイルの編集に関してアマチュアユーザーと経験豊富な専門家の両方が使用できるアプリケーションです。

オープンソース、無料、マルチプラットフォーム。

Audacityの主な特徴

サウンドファイル編集リファレンスプログラムにする主な機能は次のとおりです。

  • WAV、MPEG、MP2、MP3、AU、OGGおよびAIFF互換。
  • マイク、ライン入力など、さまざまな入力ソースからの音を録音します。
  • カセットやレコード盤をデジタル形式に転送できるため、確実に保存され、品質も向上します。
  • ソースを組み合わせてマルチトラック録音を作成します。
  • 必須の編集ツールセット:コピー、切り取り、貼り付け、置換、分割、複製、ズームなどのビジョンユーティリティ
  • WAV、AAC、MP3(LAMEを使用)、AIFF、AU、OGGでジョブをエクスポートします。
  • 幅広い処理効果:イコライザー、アンプ、コンプレッサー、ノイズ補正、ディレイ、リバーブ、各種フィルター、ワウ、ボコーダー、リミッター...
  • 音源と沈黙が含まれています。

ファイルを整理するのに役立つメタデータエディター、リズムと沈黙を検出するさまざまなオーディオ分析ツール、すべてのコンテンツを表示するスペクトラムビューアーなど、驚くほど楽しい機能も備えているため、それだけではありません。再生速度を変更する周波数またはコントロール。

十分にパッケージ化された何百もの可能性

メインインターフェイスは、使用するオーディオデバイスや、ボリュームを含む入出力などの最も重要なコントロールに直接アクセスできるため、操作は非常に直感的です。再生を管理するための大きなボタン、ステレオイメージのコントロール、高度なツールのウィンドウシステム...メニューバーをナビゲートして、初めて見つけることができないコントロールを探します。

このユーティリティはスペイン語を含むさまざまな言語に翻訳されており、その人気のため、その操作の内外を説明するチュートリアルや、管理のその他の説明が必要な要素を見つけるのは難しくありません。

同時にはそのAppleコンピューターまたはLinux向けのmacOSなど、他のオペレーティングシステムのバージョンが見つかり、ユーザー間の非互換性のギャップがなくなり、プラットフォーム間での作業のエクスポートが容易になります。もちろん、現時点では、AndroidまたはiOSデバイス用のAPK形式の公式バージョンはありません。この場合は他の代替案を受け入れる必要があります。それらのいくつかは元の開発の名前をとっていますが、それとは関係ありません。

最新バージョンの新機能

  • ツールバーと分割表示オプションを追加しました。
Audacity
6か月前
11/05/20
26.8 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続